×

動画制作を外注した場合と内製した場合のメリット・デメリットを比較

2019年5月16日
執筆者
Pocket

オンラインのコンテンツだけではなく、多くのシーンで活用されている動画。その動画を制作するに当たり、問題になるのが動画制作を外部に委託するか会社内で制作するかの選択です。 従業員、顧客、消費者のための研修や、マニュアル用の動画、またはプロモーションビデオなどの用途で動画を制作することが必要な場合、動画のコンテンツ案だけではなく、法的な要素や対外交渉など考慮すべき要素が多くあり、自社で対応するには負担が大きいこともあります。その一方で、SNSなどの顧客とのコミュニケーションを目的としたカジュアルな動画では、自社で制作した方が迅速な対応が可能です。

動画の目的や会社の体制によって異なりますが、社内で内製化するか社外に委託するかは悩ましいところです。今回はそのメリットとデメリットを簡単にまとめましたので、是非参考にしてみて下さい。

社内で制作するメリット

社内で制作するデメリット

動画制作会社を利用するメリット

動画制作会社を使うことのデメリット

外注と内製には使い分けが必要

この様に社内で動画を制作するにも外注するにも、それぞれのメリットとデメリットがあります。定常的な制作ニーズがあるかどうか、また、予算や納期、そして動画の目的によって使い分ける事が必要ではないでしょうか。

例えば、定常的に制作する必要のあるSNSや広告以外の動画投稿サイト向け動画、イベント・セミナー・展示会などの社内報告用動画、ホームページ内の一部のコンテンツ動画は社内で制作した方が機動性やコストの面からも適しているかも知れません。特にSNSや動画投稿サイトでは顧客とのコミュニケーションが重要となります。この場合、映像の質よりも迅速な対応の方がユーザーへの訴求力がある場合もあります。

一方、定常的に制作する必要の無い動画や、インターネット広告向けの動画、デジタルサイネージ(電子看板)向けの動画では、その品質を担保する必要がありますので、専門会社に委託する事が多いようです。商品やブランドの良さを最大限に訴求するためには高い映像品質が求められます。この様な場合に、専門的な動画制作会社に委託する傾向があるようです。

実際には、それぞれの用途によって社内で予算が確保できるか、ということも少なからず影響してくる事は否めないようです。

まとめ

柔軟性等のメリットはありますが、動画を社内で制作する場合は、制作している最中に主観的になりすぎず、客観的な視点を持ち続けることが大切です。訴求したいポイントを強調するがあまりに尺が長くなり過ぎたり、専門用語が多くなり、分かり難くなったりする事があります。動画コンテンツの可能性はまだまだ大きく拡がって行くことでしょう。うまく専門会社のノウハウを取り入れながら、自社で出来る部分と業務委託する部分を区別して考えてみるのも一つの方法ではないでしょうか。

Pocket


PAGE TOP

株式会社VIDWEBや動画制作に関する資料を公開中です。全て無料でダウンロードすることができます。

動画制作に関する資料を無料ダウンロード