×

成功事例から学ぶコツYouTubeチャンネル

2019年4月23日
Pocket

世界最大のユーザー数を誇る動画共有サイトYouTubeでは、日々ユーザーが動画をアップロードしています。企業も同様で、多くの国内・海外企業がYouTubeチャンネルを開設しています。動画は今やマーケティングにおけるメインの手法の1つであり、計画的にYouTubeチャンネルを運用すれば効率よく企業の認知度を上げることが可能です。ここでは、YouTubeチャンネルの概要から、企業におけるメリットや運用のポイント、成功事例をご紹介します。

企業がYouTubeチャンネルを運用する5つのメリット

世界最大の数を誇るユーザーにアプローチできるだけでなく、コスト面や効果測定など、さまざまなメリットがあります。

●大規模な人数へのリーチが可能

YouTubeは日本だけでなく世界最大の動画共有サイトです。よく検索されるキーワードの動画をアップロードして、「急上昇」に入ることができれば、大規模な人数にリーチすることができます。

●マスメディアより低コスト

テレビや新聞、ラジオといったマスメディアに広告を出稿するには高いコストがかかりますが、YouTubeは動画をアップロードするだけなら無料です。YouTube内で表示されるTrueView動画広告へ出稿する場合は視聴回数によって金額が異なるものの、マスメディアと比べれば低コストで済みます。

●ブランディングに効果的

動画の品質によって、企業ブランディングを急速なスピードで進めることが可能です。YouTube動画はFacebookやTwitterなどのSNSとも相性が良く、ユニークな動画や品質の高い動画はSNS上で拡散され、一気に広まり話題となります。メディアに取り上げられることもあり、動画が拡散されれば企業の認知度アップにもつながります。

●リマーケティングが可能

TrueView動画広告では、YouTubeチャンネルに登録した人や動画にコメントを投稿した人などを対象に、リマーケティング広告を出稿することができます。企業の動画に対して、一度興味を持ったことのある視聴者に動画広告を流すことができるため、広告への高いクリック率が見込めます。

●無料で効果測定が可能

YouTubeチャンネルを開設すると、YouTubeが提供する「YouTubeアナリティクス」を自由に活用できます。動画への流入元や視聴回数、総再生時間、平均視聴時間、閲覧した男女の比率といったデータが確認できます。また視聴者維持率では動画がどれだけ視聴を維持できたのか確認できます。動画の離脱されやすい箇所がどこなのかを知ることができ、公開後のメンテナンスに役立ちます。

YouTubeチャンネルを効果的に運用するための9つのポイント

チャンネルを開設し、ただ動画をアップロードすれば良いわけではありません。「企業の認知度を上げる」「動画の再生数を増やす」といった成果を出すには、以下の9つのポイントを心掛ける必要があります。

●コンセプトを明確に設定する

まずはチャンネルのコンセプトを明確に設定します。トップページの画像などでチャンネルのコンセプトを明確にすれば、そのコンセプトに興味がある人は高確率でチェックしてくれるでしょう。反対にコンセプトが不明瞭なチャンネルは興味を持たれづらくなります。

●ブランドや企業に関連のあるテーマを選定する

売りたい商品やサービスがある場合、安易に売り込むだけの動画を作るのはやめましょう。ブランドや企業に関連するテーマを選び、まず企業やサービスそのものに関心を持ってもらうことが重要です。

●豊富なコンテンツを揃える

1カ月、半年と1つの動画を長期スパンで作るよりも、定期的な配信を続けてコンテンツを豊富にすることも重要です。コンテンツが豊富にあれば、関連するその他の動画も視聴してくれる可能性があります。また、動画の数が増えてきたら、再生リストを作るなどカテゴリ分けをしっかり行うことも大切です。

●SEO効果の高いキーワードを設定する

YouTubeは自然検索から直接コンテンツへ遷移できるなど、検索エンジンとも相性が抜群です。例えば料理のレシピをGoogleで検索したとき、検索結果にYouTubeの動画が表示された経験はありませんか?SEO効果の高いキーワードをチャンネル名やコンテンツに設定すると、アクセスを増やすことができます。

●動画のメタデータを最適化する

YouTube自体も巨大な検索エンジンの1つです。キーワード検索された際にアップロードした動画が正確に検索されるよう、動画に設定するメタデータを正しく設定しましょう。最も重要なタイトルにはキーワードを確実に設定し、ついクリックしたくなるような魅力的なものにしましょう。またサムネイル画像やタグ、説明文も重要なメタデータです。漏れなく設定するようにしましょう。

●効果的な動画を制作する

検索でヒットしたとしても、魅力的な動画でなければユーザーはすぐに視聴を止めてしまいます。長時間の動画よりも、スキマ時間でも見られる1分半~2分程の短い動画を制作しましょう。また字幕を入れるのも効果的です。重要な箇所を視覚的に伝えられるほか、音声が聞き取れない場合や、音声を出力できない場合などに効果を発揮します。また、Call-to-Actionオーバーレイを利用すれば、動画内にURLを表示することができます。自社サイトへのアクセスを促しましょう。

●同じ曜日の同じ時間に配信する

動画を配信する際は同じ曜日、同じ時間に配信することをおすすめします。決まった曜日と時間にアップロードすれば、視聴者に習慣づけられる可能性があるからです。定期配信が難しい場合には、YouTubeの予約投稿を利用すれば指定した曜日・時間の配信も簡単に行えます。

●アップする動画をSNSでもシェア

動画視聴回数を増やすのに、FacebookやTwitterなどSNS上でシェアし、拡散させる手法も一般的です。

●人気のYouTuberとコラボする

人気のある動画配信者、いわゆるYouTuberが多く存在するので、人気のYouTuberとコラボレーションするのもチャンネルの知名度を上げるのに効果的です。

企業の成功事例から学ぶ効果的なYouTubeチャンネル

具体的に企業のYouTubeチャンネルを例に挙げて、成功事例をご紹介します。

●toyotajpchannel

自動車メーカーTOYOTAのYouTubeチャンネルです。車種別再生リスト、START YOUR IMPOSSIBLE、テクノロジー、HOW TO / デモンストレーション、TVCM、デモンストレーションなど動画が細かくカテゴライズされています。自動車や、自動車が走る街、道にフォーカスした動画が豊富にアップロードされています。

特に有名なのは「Loving Eyes -Toyota Safety Sense」です。車を舞台に、父親の目から見た娘の半生、娘の目から見た父親の半生を描いたストーリー仕立ての動画です。動画の最後には「Toyota Safety Sense」の案内があり、TOYOTAの技術をしっかりアピールしています。

TOYOTAの公式チャンネルはこちらから
https://www.youtube.com/user/toyotajpchannel/

● LotteChocomotionTV

菓子メーカー・ロッテのYouTubeチャンネルも効果的な運用が行われています。このチャンネルの戦略は非常に的を絞ってコンセプトを明確にしているところです。チャンネル説明が「チョコには、ニュースがある!」と始まっているように、チョコレート商品に絞った動画配信をしています。

アイドルや女優など芸能人を起用したCM・PR動画を中心にコンテンツを配信し、中でもHIKAKINなど人気YouTuberとのコラボレーション動画で認知度を高めています。

Lotteの公式チャンネルはこちらから
https://www.youtube.com/user/LotteChocomotionTV

●タカラトミー

子供たちから絶大な人気を誇る玩具メーカー、タカラトミーの企業チャンネルは圧倒的な配信量で総視聴回数2億回以上、チャンネル登録者数73万人以上を記録しています。「トミカ」や「プラレール」「リカちゃん」などロングセラー商品をはじめ、新商品に関する動画も配信しています。

単純な商品紹介の動画のみならず、ストーリー性のある子供向けの動画も配信し、動画を見た子供、さらにはその親に訴求するような仕組みになっています。

タカラトミーの公式チャンネルはこちらから
https://www.youtube.com/user/takaratomychannel/

まとめ

YouTubeチャンネルは費用対効果の優れたマーケティングツールです。世界中のユーザーが利用しているYouTubeで効果的なチャンネル運用ができれば、高い費用対効果を得ることができるでしょう。テーマやキーワード設定、コンテンツ量など基本的なポイントを押さえて、企業の認知度アップやユーザーとのコミュニケーションのツールとして活用してみてください。

Pocket

執筆者
動画制作のサービス資料をダウンロードする

VIDWEB(ビッドウェブ)では映像クリエイターと連携してリーズナブルで高品質な動画制作を提供しています。

サービス資料

株式会社VIDWEBの動画制作、動画マーケティングに関して分かりやすく説明した資料になります

動画・映像クリエイター募集!
登録フォームはこちら

関連記事


PAGE TOP
動画制作や動画マーケティングに関する資料を公開中です

動画制作や動画マーケティングに関する資料を公開中です。

動画制作に関する資料を無料ダウンロード