×

アニメーション動画とは

2020年10月26日
Pocket

アニメーション動画(animation)とは、イラストや文字などに動きを加えた動画です。

実写動画と比較し、表現の自由度が高く伝えたい内容にフォーカスすることができるので、企業のブランディング動画やYouTube広告用動画、TVCMなど広く用いられている映像手法です。

代表的なアニメーション動画の種類

アニメーションには10種類以上の表現技法がありますがが、ここでは代表的なものを紹介していきます。

モーショングラフィックス

モーショングラフィックスは、ロゴや文字、図形などのグラフィックス素材に動きや音を加えた動画です。

ロゴやイラストそのものに意味を持たせて情報を視覚的に表現できるため、短時間で多くのことを伝える必要があるサービス紹介動画や企業紹介動画によく使われています。

3Dアニメーション

3Dアニメーションは、イラストや図形などを3D技術で立体的に表現したものにアニメーションで動きや音を加えた動画です。

3Dアニメーションはリアリティのある表現が可能なため、製品内部の構造といった実物の撮影が難しいものを説明する際に最適な表現技法です。

リンク先で動画を再生する
https://vimeo.com/442663704

インフォグラフィック

インフォグラフィックは、情報や知識をグラフや図表などを用いて視覚的に表現するアニメーション動画で
す。

複雑なデータを整頓してわかりやすく説明することに長けているため、企業紹介動画で事業内容をまとめる際や業績をアピールする際に活用することで、視聴者の企業に対する理解度を上げることができます。

キャラクターアニメーション

キャラクターアニメーションは、キャラクターに動きを付けた動画です。
会社や商品、サービスなどのブランディング動画に活用することで印象に残りやすくなります。

アニメーション動画のメリット

ここでは、アニメーション動画を使うメリットを紹介していきます。

複雑な内容をわかりやすく説明できる

例えば複雑な製品や難しい技術などを紹介する場合、テキストと写真だけでは伝わりにくいものです。アニメーション動画なら情報を視覚的に伝えることができるため、製品や技術について理解してもらいやすくなります。

低コストで制作可能

動画の長さや内容にもよりますが、簡易なアニメーション動画は実写と比べると比較的安い料金での制作が可能です。

実写の場合、機材費やスタジオ費、キャストを起用する場合は人件費などがかかりますが、アニメーション動画はそれらが基本的にかからないため制作費用が安いという強みがあります。

後から内容を変更しやすい

実写の場合は後から内容を変更しようとすると、「再撮影」が必要となりコストがかさみます。
しかしながら、アニメーション動画の場合は動画データの再編集だけで内容の変更が可能であるため、後から部分的に内容を変更することや、多言語化して海外展開することも比較的低コストで実現できます。

Pocket

執筆者

関連記事


PAGE TOP
動画制作や動画マーケティングに関する資料を公開中です

動画制作や動画マーケティングに関する資料を公開中です。

動画制作に関する資料を無料ダウンロード