×

サウンドロゴとは

2020年10月1日
Pocket

サウンドロゴ(sound trademark, sound logo)とは、企業や団体がTVCM・ラジオCM・店舗内・インターネット広告(主に動画広告)などにおいて、自社名や自社商品名にメロディや効果音、音声を付けるブランディング手法です。

顧客や消費者に繰り返し聴いてもらうことで、「この音楽は◯◯だ」と瞬時に思い出してもらう効果があり、企業のブランディング手法として有効です。

サウンドデザイナー(映像制作において効果音や音素材を担当する役割の人)や作曲家がメロディを付けることが一般的です。

サウンドロゴの類語「ジングル」とは

サウンドロゴは企業や商品を意味するサウンドであるのに対して、「ジングル(jingle)」とは一般的にそれ自体に意味を持たないサウンドのことを言います。

具体的には以下のような場面でジングルが用いられます。

など。

サウンドロゴの権利・商標権

サウンドはこれまでブランドの一部という認識がされておらず保護することは困難でした。しかしながら、近年では知的所有権の法的定義が広がったことでブランドの一部と認められる場合があります。

商標権については「音商標」と呼ばれ、サウンドロゴやPCの起動音が対象になっています。

サウンドロゴの知的所有権や商標権の権利をめぐる問題の対処方法や解釈は国や地域によってバラつきがあるのが現状です。

サウンドロゴを上手に活用した事例

明治ブルガリアヨーグルト」という商品名をメロディに乗せたサウンドロゴを耳にしたことのある人は多いと思います。

明治のウェブサイト、「明治ブルガリアヨーグルト倶楽部」でヨーグルトのCMが公開されており、サウンドロゴを上手に活用したCMを視聴することが可能です。

明治ブルガリアヨーグルト倶楽部でCMを再生する
https://www.meijibulgariayogurt.com/cm/

国民的によく知られているサウンドロゴは「信頼感」「安心感」に繋がります。ヨーグルトのように人の口に入る「食品」を扱う企業においては信頼感や安心感は重要なブランド指標となります。

gooランキング(集計期間:2011年7月22日~2011年7月23日)の「耳に焼き付いて離れないCMサウンドロゴランキング 1位から10位」によると、以下のようなサウンドロゴが一般消費者に認知されているそうです(引用元から一部抜粋)。

どのサウンドロゴもすぐにメロディが頭に浮かびますよね。
みなさんはいかがでしたでしょうか?年齢やお住まいの地域によっても、耳に焼き付いているサウンドロゴは異なるでしょう。

サウンドロゴは私たち消費者の暮らしの身近なところに多く存在しているものです。企業にとっては長期的なブランディング施策として、サウンドロゴを積極的に取り入れていく価値はあるでしょう。

Pocket

執筆者

関連記事


PAGE TOP
動画制作や動画マーケティングに関する資料を公開中です

動画制作や動画マーケティングに関する資料を公開中です。

動画制作に関する資料を無料ダウンロード